logo

アップル、Epicアカウントの「Appleでサインイン」を9月11日から無効に

Dale Smith (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月10日 10時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとEpic Gamesの争いが激化している。Appleは、「Appleでサインイン」によるEpic Gamesアカウントへのサインインを、9月11日から無効にする。Epic Gamesが公式Twitterアカウントで明らかにした。

 「Appleでサインイン」は、Appleが提供する認証手段だ。GoogleやFacebookが提供する類似の手段に対抗して開発されたものだが、さらなるプライバシー管理が追加されている。現在「iPhone」「iPad」「Mac」で、「Appleでサインイン」を利用してEpic Gamesアカウントにサインインしているユーザーは、Epic Gamesアカウントのメールアドレスとパスワードを至急更新する必要がある

 両社の争いは、Epic Gamesが8月、AppleとGoogleがそれぞれのアプリストアを介した決済に対して徴収する30%の手数料を回避しようとしたことに端を発している。これに対してAppleとGoogleは、Epic Gamesの人気ゲーム「フォートナイト」をそれぞれのアプリストアから削除し、Epic Gamesは両社を提訴した。同社がこの訴訟で求めているのは損害賠償ではなく、独占的だとする2社の慣行を裁判所に禁止させることだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]