logo

惣菜を従業員宅に定期配送--OKAN、「オフィスおかん仕送り便」の正式サービス

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OKANは9月7日、期間限定で提供していた「オフィスおかん仕送り便」の正式リリースしたと発表した。

 同サービスは、5月13日から7月31日までの約3カ月間(配送は6月頃より随時開始)の期間限定で開始した福利厚生サービス(当初より、社会情勢の変化に応じて延長を検討することを表明していた)。

 管理栄養士が監修したオリジナルのお惣菜を、従業員の自宅に定期的に配送し、まるで実家からの仕送りのようにテレワーク中の従業員の健康をサポートできるのが特徴。

 
 

 お惣菜は1袋ごとに小分けされ、複数を組み合わせて定食のように活用できるほか、子供の昼食のプラス1品としても利用できるとしていた。

 同社によると、テレワーク勤務での利用にとどまらず、出勤が必要な従業員へ感謝の気持ちとしての仕送りや育休・産休取得社員へのサポートなど、さまざまな目的で活用されているという。

 今回、働き方や働く場所に関わらず、従業員のフィジカルヘルス・メンタルヘルスの悪化を防ぎ、企業として全ての従業員をサポートするために、継続利用・導入検討をしたいとの要望を受け、正式にサービスをリリースすることになった。

 正式リリースに伴い、一食分の食べきりサイズのお惣菜(旬の物や全国の地の物を使用したお惣菜、月によって内容が変更)を、毎月プラン(仕送りプラン、チケットプランの2種類)に応じて従業員の自宅へと配送するスタイルに変更された。対象地域は、全国(クール宅急便配達エリア外を除く)。

 仕送りプランでは、企業担当者が配送先リストを集約し、月に1度 一括で配送。定期的なオンラインランチや飲み会など、従業員同士のコミュニケーション活性化に利用できるという。また、企業から従業員へ向けたメッセージの同包にも対応する。

 新たに追加されたチケットプランでは、企業がクーポンを購入し従業員へ配布し、従業員個々が割り当てられたクーポンコードと送付先住所をECサイト上から申請する方式を採用。企業担当者は、毎月の送付先リスト・人数管理の工数が軽減され、従業員は任意のタイミングでの申請でき、自宅以外での利用も可能となった。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]