「Galaxy Z Fold2」実機を早速チェック--初日に気に入った5つの特長 - (page 2)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年09月04日 07時30分

Galaxy Z Fold2の折り目とカメラ

 全体として、Z Fold2の基本的なデザインはGalaxy Foldと同じだ。本のように開くとタブレットになり、内側のディスプレイの真ん中には縦方向の折り目がある。スクリーンの素材は超薄型ガラスで覆われているが、Galaxy Z Flipと同じように、折り目ははっきりと認識できる。筆者はこれを折りたたみ式デザインの一部と受け止めている。

 Z Fold2は「Infinity-O」ディスプレイ技術を使用したレイアウトを採用しており、本体を開くと、単一の10メガピクセルカメラが内側に配置されている。閉じた状態だと、外側の前面ディスプレイにも内側と同じカメラが搭載されており、背面にはトリプルカメラシステム(12メガピクセルの広角、超広角、および望遠カメラ)が配置されている。

 「Galaxy Note20」と「Galaxy Note20 Ultra」がそれぞれ3倍と5倍の光学ズームを備えているにもかかわらず、Z Fold2が2倍の光学ズームしか搭載していないのは残念なことだ。8K動画にも対応していない。これは、クラス最高のカメラを搭載するスマートフォンではない(ただし、暗所での写真撮影性能は初代Galaxy Foldよりも優れているはずだ)。サムスンはおそらく価格を抑えるために、そう決めたのだろう。

 しかし、筆者が使うのを楽しみにしていたカメラ機能が2つある。既に試した「デュアルプレビュー」は、写真を撮影する前に、撮影者と被写体の両者が内側と外側のスクリーンでカメラの画像を確認できる機能だ。

 フレーム内で2人以上の人間が検出されると作動する、適応型自動フレーミング機能もある。3人以上が検出された場合は、アルゴリズムによって、自動的にメインカメラから超広角カメラに切り替わる。

フレックスモード:柔軟なヒンジと対応アプリの詳細

 サムスンは、意図せず閉じたり開いたりしてしまうことのない自立式スクリーンをGalaxy Z Flipで採用し、筆者が抱いていた折りたたみ式スマートフォンの夢を実現し始めた。サムスンによると、ヒンジは75度から115度の間で固定できるというが、それ以上の角度にも固定できるかもしれない。

gif_2 提供:Samsung

 さらに、サムスンによると、隙間を狭くして、ヒンジの高さを短くし、クラムシェル型のGalaxy Z Flipと同じ「スイーパー」技術を使用することで、より効果的にホコリやゴミの混入を防止できるようにしたという。

 どのアプリもフレックスモードで使用できるが、一部のアプリは折り曲げたことを検知して、自動的に表示を調整する。カメラやビデオ通話、時計、ギャラリー、動画プレーヤー、カレンダーといったサムスンの純正アプリに加えて、YouTubeや「Google Duo」などがこの機能に対応している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]