ピタットハウスとイタンジ、賃貸不動産管理サービスで業務提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタンジは8月18日、7月よりピタットハウスネットワークと、賃貸不動産管理サービスにおける業務提携を開始したと発表した。

ピタットハウスネットワークとイタンジ、賃貸不動産管理サービスにおける業務提携開始
ピタットハウスネットワークとイタンジ、賃貸不動産管理サービスにおける業務提携開始

 本提携により、ピタットハウスの加盟店658店舗(8月1日時点)の物件データベースと、イタンジの提供する物件確認不要のリアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB(イタンジビービー)」、および賃貸仲介会社向け顧客管理システム「ノマドクラウド」が連携可能となった。

 これにより、ピタットハウスの加盟店は、ITANDI BBに搭載されている、リアルタイムに物件の空室状況を把握できる「不動産業者間ウェブ物件検索機能」の活用が可能になった。さらに、ピタットハウスの加盟店に限り、ITANDI BBとノマノクラウドを、特別価格で提供する。

 ITANDI BBは、物件確認不要のリアルタイムな不動産業者間ウェブ物件検索機能に加え、物件確認電話の自動応答システム「ぶっかくん」、賃貸住宅の内見予約ウェブ受付システム「内見予約くん」、不動産関連ウェブ申し込み受付システム「申込受付くん」、不動産関連電子契約システム「電子契約くん」、賃貸住宅のウェブ更新・退去システム「更新退去くん」、不動産事業者向け電話/FAX受付システム「電話FAXくん」を備える。

 ノマドクラウドは、入居希望者向けの物件情報を自動で配信する追客機能、顧客管理(CRM)・営業管理機能、チャットやLINEでのコミュニケーション機能、入居希望者専用マイページの生成などを搭載した、賃貸不動産仲介会社向けの顧客管理・自動追客システム。オンライン内見代行や、IT重説・契約向けのビデオ通話機能も備える。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]