logo

グーグル、オーストラリア競争規制当局と対立--ニュースの利用に関する新法案をめぐり

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年08月18日 10時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーストラリアの競争規制当局は現地時間8月17日、ニュースコンテンツの使用料をメディア企業に支払うようGoogleに義務付ける法案について、Googleが「誤った情報」を広めているとして同社を非難した。当局によるこの反応は、Googleが公開書簡で、新しい規制が施行されれば「オーストラリア人によるGoogle検索やYouTubeの利用に悪影響を及ぼす」と主張したことを受けたものだ。

提供:Stephen Shankland/CNET
提供:Stephen Shankland/CNET

 Googleのマネージングディレクターを務めるMel Silva氏は公開書簡の中で、「『News Media Bargaining Code』(ニュースメディア契約法)法案は、今よりはるかに質の劣るGoogle検索とYouTubeをユーザーに提供することをわれわれに強制し、ユーザーのデータが大手ニュース企業の手にわたる可能性を生み出し、オーストラリアのユーザーが利用している無料サービスをリスクに晒す」と述べている。Googleはまた、オーストラリア版Google検索のトップページに「オーストラリア人によるGoogleの利用が危機に」というメッセージを掲載し、先の公開書簡にリンクを張っている。

 一方、オーストラリア競争消費者委員会(ACCC)はこの書簡に反発し、Googleが無料サービスで料金を徴収したり、新たなユーザーデータをニュース企業に提供したりするよう義務付けられることはないと述べている。

 「Googleが自ら選択しない限り、Google検索やYouTubeといった無料サービスを利用するオーストラリア人から料金を徴収せざるを得なくなることはない」とACCCは反論した。「この法案はオーストラリアのニュース企業に対し、Googleのサービスに表示されているコンテンツなど、自社のジャーナリストの仕事に対して正当な報酬を得られるよう交渉する道を開くものだ」

 この法案がオーストラリアで公開されたのは7月のことだ。この規制が適用されれば、GoogleやFacebookをはじめとするデジタルプラットフォームは、自社サービスに掲載するニュースコンテンツに関して、メディア企業と交渉したり使用料を支払ったりすることが義務付けられる。また、アルゴリズムの変更が参照トラフィックや検索順位に影響する可能性がある場合は、メディア企業への通知が必要だともされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]