logo

グーグルの「Lookout」アプリ、食品ラベルの識別なども可能に--視覚障害者を支援

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年08月12日 11時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月11日、視覚障害者支援アプリ「Lookout」の対応機種を拡大し、さらに多くの「Android」デバイスで使えるようにした。また、2つの新たなモードを追加して、食品ラベルの識別や文書のスキャンを可能にしたほか、アプリのデザインにおけるアクセシビリティーも改良した。2019年3月にリリースされたLookoutはこれまで、Google製スマートフォン「Pixel」でしか利用できなかった。

Lookout
提供:Google

 「Food Label」モードでは、スマートフォンのカメラを食品パッケージのラベルに向けると、Lookoutが中身を識別する。カメラがラベルを正しくとらえられない場合は、商品のパッケージまたはバーコードがはっきり写るまで商品を動かすよう促す。

Food Label
提供:Google

 「Scan Document」モードの目的は、手紙やメールを読みやすくすることだ。Lookoutを利用して文書のスナップショットを撮影すると、文書の文字を認識し、スクリーンリーダーで読み上げてくれる。

 Lookoutは、「Android 6.0」以降を搭載し、RAM容量が2GB以上のすべてのデバイスで利用できるようになった。また、英語だけでなくスペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語にも対応した。アプリのモードはほかにも、チラシや看板などの媒体に書かれた短い文章を読み上げる「Quick Read」や、米ドル通貨および請求書の金額を識別する「Currency」オプションのほか、スマートフォンのカメラを向けるとテーブルやベッドなど室内にある物を識別できる「Explore」などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]