logo

LINE、指定のURLからグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」機能を公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月6日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、指定のURLにアクセスするだけでグループ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」の提供を開始した。スマートフォン版「LINE」のバージョン10.13.0、PC版「LINE」のバージョン6.2.0以上で利用できる。

キャプション

 この機能は、トークを作らずとも指定のURLにアクセスすることで、最大500名でグループビデオ通話ができるもの。ミーティング作成者は、トークルームからURLを発行できる。発行したURLを通じてLINEの友だちを招待するか、友だちとのトークにURLをシェアして、グループビデオ通話へと招待できるようになる。

 ただし、18歳未満の利用者と年齢認証をしていない人は、LINEミーティングの利用に制限がかけられている。さらに、迷惑行為への対策として、32桁以上の複雑なミーティングURLの設定ができるほか、URL以外の経路で通話に参加できない仕様となっているという。意図しないユーザーが参加したり、迷惑行為をするユーザーがいた場合は、強制的に退出をさせられる「Kick out」機能も搭載する。

キャプション
年齢確認のポップアップ

 参加者希望者は、ミーティング開催時間に、指定のURLにアクセスするだけでグループ通話に参加できる。また、ミーティングの途中に、新たな参加者を招待することもできる。スマートフォンの画面をシェアしたり、YouTubeを一緒に見たりできる「みんなで見る」機能や、エフェクト、フィルターなども利用可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]