logo

ノイキャン対応の無線イヤホン「Galaxy Buds Live」登場、約1万8000円

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2020年08月06日 11時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

提供:ZDNet Editors

 サムスンは米国時間8月5日、「Unpacked」イベントで新型ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」を発表した。米国では8月6日に169.99ドル(約1万8000円)で発売予定だ。

Galaxy Buds Live
提供:Samsung

 アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能も搭載されており、イヤホンを長押しすることでオン/オフを切り替えられる。バッテリー持続時間は、ANCまたは「Bixby Voice Wake-up」がオンの場合は最大6時間、充電ケースを利用すれば最大21時間。いずれもオフの場合は最大8時間、充電ケースを利用すれば最大29時間となる。

 色はミスティックブロンズ、ミスティックブラック、ミスティックホワイトの3種類。

 「iOS」と「Android」に対応しており、音声の遅延を低減する「Game Mode」などいくつかの機能は一部の「Galaxy」端末に限られる。他の機能として、サムスンは3つのマイクを搭載する点や同社の音声アシスタント「Bixby」との連携などを挙げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]