logo

グーグル「Pixel」のカメラ技術率いたマーク・レボイ氏がアドビに

Richard Neva (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年07月21日 11時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleで「Pixel」シリーズのカメラの開発を率いていたMarc Levoy氏が、ソフトウェア大手のAdobeに移籍し、「ユニバーサルカメラアプリ」の開発に取り組んでいるようだ。

Google's camera software pioneer is heading to Adobe.
提供:Sarah Tew/CNET

 Levoy氏は、Googleのスマートフォン用ソフトウェアをモバイルカメラアプリの最先端へと育て上げ、Pixel向けに複数のカメラ機能を開発した。スマートフォンの写真をまるでプロが撮影した写真のように見せるポートレートモードや、光の少ない場所でも明るい写真を撮影できる夜景モード(Night Sight)は、同氏が率いたGoogleの研究チームが開発した。

 Levoy氏は3月にGoogleを退職した。「コンピュテーショナルフォトグラフィー」の先駆者として知られる。

 GoogleのPixelチームにはこのところ動きがみられる。Pixel部門を率いていたMario Queiroz氏は、2019年夏にスマートフォンのチームを退き、2020年に入ってGoogleを退社している。Googleのフラッグシップスマートフォンは販売が低迷している。プレミアムスマートフォン市場は、Appleとサムスンが支配している。

 Googleの最新のスマートフォンで、ミッドレンジのデバイス「Pixel 4A」は、遅れているものの発表が近いと予想されている。

 米CNETは、Googleにコメントを求めたが回答は得られていない。

 Levoy氏はAdobeで、「Adobe Photoshop Camera」やAdobe Researchなど、同社のフォトグラフィー関連の取り組みに力を注ぐとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]