logo

グーグル「Play Pass」拡充--150種以上のタイトル追加、米で年額サブスクリプションも

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月15日 10時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月14日、月額制サブスクリプションサービス「Play Pass」のゲーム、アプリ、デジタルコンテンツのライブラリーを更新し、数カ月で150種類以上のタイトルを追加したことを明らかにした。現在、「Sonic the Hedgehog」や「Golf Peaks」などを楽しめるようになっている。「Sesame Workshop」や「Learny Land」からのタイトルなど、子供向けアプリやゲームも追加されている。

Google Play Pass
提供:Google

 パズルゲーム「The Almost Gone」や「Gardens Between」、タワーディフェンスゲーム「Kingdom Rush」などもリリース予定だとしている。Play Passでは現在、500種類以上のアプリやゲームが、広告やアプリ内課金なしで利用できる。

 Play Passは2019年9月、月額4.99ドル(約540円)で提供開始された。近日中に、米国で新たに年間29.99ドル(約3200円)のオプションが提供されるという。提供地域も拡大される。オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ニュージーランド、スペイン、英国で今週、「Android」搭載端末でPlay Passが利用可能になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]