logo

グーグル、ゲームやアプリの月額サブスクリプション「Play Pass」を提供開始

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月24日 07時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月23日、「Google Play」ストアの350以上のゲームやアプリが使い放題になる月額制サブスクリプションサービス「Play Pass」を今週米国で提供開始すると発表した。他の国でも近いうちに提供するという。同社は新しい料金モデルを実験しているところだ。

 月額4.99ドル(約540円)の同サービスには、「Monument Valley」「Risk」「Star Wars: Knights of the Old Republic」など、350を超えるアプリやゲームが含まれる。しかしGoogleは、同サービスの範囲をさらに拡大したいと述べていたとおり、健康、フィットネス、写真など他の種類のアプリもこれに含めた。写真加工、天気、カメラのアプリも含まれている。

キャプション 提供:Google

 「ゲームは非常に重要だ。しかし、われわれはそれを超えていく」と、Googleのグループ製品マネージャーを務めるAustin Shoemaker氏は先週のインタビューで述べた。「筋金入りのゲーム好きだけにアピールするサービスではない」という。

 Play Passは「Apple Arcade」に似ている。Apple ArcadeはAppleが先週リリースしたサービスで、こちらも月額4.99ドル。しかしゲームだけに特化しており、タイトル数は約100本だ。Apple Arcadeとの違いについて尋ねられたShoemaker氏は、競合するサービスを名指しすることはなかったが、Play Passは「はるかに広範囲」だと同社は考えていると述べた。

 Play Passでは、広告、アプリ内課金、ペイウォールも取り払われている。Googleは現在、10日間の無料試用期間に加えて、最初の1年間は月額1.99ドル(約214円)で利用できるプロモーションを展開している。また、最大5人の家族とサブスクリプションを共有することが可能だ。

 Play Passを利用するには、「Google Play」アプリのチケットのロゴが付いた新しいタブを選択する。そのページには、同サービス用にキュレーションされた、注目のアプリやおすすめ情報が表示される。サブスクリプション収入はアプリ開発者らと分配するというが、詳しい分配方法については明らかにしなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]