logo

キヤノン本気のミラーレス「EOS R5」「EOS R6」登場--最大8段の手ブレ補正、8K動画も - (page 2)

山川晶之 (編集部)2020年07月09日 22時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8K/30pのRAW撮影に対応、4Kは8.2Kのオーバーサンプリング

 また、フルサイズ一眼カメラとして初めて、8Kでの動画撮影に対応。7680×4320ピクセルのUHD、8192×4320のDCI両規格をサポートし、最大フレームレートは29.97fpsで、 10bit Canon Log、10bit HDR PQ、12bit Canon Cinema RAW(Cinema RAW Lightではない)の内部記録に対応。Cinema RAW以外のコーデックはすべてHEVC/H.265をサポートする。さらに、すべてのフォーマットでクロップなしでの撮影が可能だ。

 4K撮影も充実しており、DCI、UHDともに最大119.88fpsでの撮影が可能。29.97fpsまでは、DCIで8.2K、UHDで7.7Kのオーバーサンプリングに対応。モアレや偽色、ジャギーを抑えることができる。APS-Cイメージサークルの場合、最大59.94fpsまでは4K DCIで5.1K、4K UHDで4.8倍のオーバーサンプリングで収録する。また、デュアルピクセルCMOS AF IIの採用により、8K、4K問わず動画撮影でも人物検出や動物検出が可能。ワンマン撮影を強力にサポートするという。

 動画撮影時間は最大29分59秒まで。8K RAWと8K/30pでは機材の温度上昇をともなうため、撮影可能時間は約20分(環境温度が23度の場合)ほど。4K/60pでは、約35分撮影可能だ(29分59秒経過後に再度録画をスタートさせた場合)。撮影待機中に動画サイズやフレームレートを自動変更して、カメラの内部温度を抑える「温度上昇緩和」機能もある。動画撮影時のUSB給電も可能という。

 強化された手ブレ補正は動画撮影時でも利用可能。ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正の協調制御ISに加え、電子式手ブレ補正をミックスすることで、ジンバルが使えない環境でも効果的にブレを抑えることができる。

フルサイズミラーレスの新基準を掲げる「EOS R6」

 EOS R6のイメージセンサーは、最大約2000万画素。EOS-1D X Mark III用のセンサーをベースに、EOS R6用に改良。DIGIC Xとの組み合わせにより、EOS Rに比べて、読み出し速度とAF演算量が向上。これにより、EOS R5と同様、AF/AE追従かつメカシャッターで秒間12コマ、電子シャッターで秒間20コマの撮影が可能。シャッター耐久は30万回。デュアルピクセルCMOS AF IIにも対応し、測距エリアや被写体検出(人物の瞳・顔・頭部、動物の瞳・顔・全身)などの性能もEOS R5と同等だ。

 ボディはポリカーボネート外装、内部フレームはマグネシウム合金、三脚ねじ穴亜鉛ダイキャストを採用する。操作性はEOS R5とほぼ同じで、メイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤル×2、マルチコントローラーを搭載。R6ではドットマトリクス液晶の代わりに、モードダイヤルが搭載されている。EVFは、EOS Rと同じ369万ドットだが、フレームレートが119.88fpsに強化されている。バリアングル液晶も搭載する。カードスロットは、SD UHS-IIのデュアルスロット。

「EOS R5」にはドットマトリクス液晶を搭載。「EOS R6」にはモードダイヤルが採用されている。そのほかの電子ダイヤルは同等だ
「EOS R5」にはドットマトリクス液晶を搭載。「EOS R6」にはモードダイヤルが採用されている。そのほかの電子ダイヤルは同等だ

 EOS R6では動画性能も高水準となっている。5.1Kからのオーバーサンプリングに対応した4K/60pで収録でき、クロップなしでの撮影が可能。フルサイズ、APS-CクロップともにCanon Log 4:2:2 10bitとHDR PQ 4:2:2 10bitの内部記録に対応する。なお、EOS R5/R6ともにマイク端子とヘッドフォン端子を搭載。モニタリングしながらでの高音質収録が可能だ。

500mmまでカバーする望遠レンズに、85mmの“並単”も登場

 キヤノンでは、EOS R5/R6とあわせて、「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」「RF85mm F2 MACRO IS STM」「EXTENDER RF 1.4x/RF2x」を発表。RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMは9月下旬、RF85mm F2 MACRO IS STMは10月下旬、その他のレンズは7月下旬に発売する。

左から「RF85mm F2 MACRO IS STM」、「RF600mm F11 IS STM」、「RF800mm F11 IS STM」
左から「RF85mm F2 MACRO IS STM」、「RF600mm F11 IS STM」、「RF800mm F11 IS STM」
「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」
「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」

 キヤノンオンラインショップの税別価格は、RF100-500mmが33万5000円、RF600mmが8万8000円、RF800mmが11万3000円、RF85mmが7万5000円、EXTENDER RF1.4xが6万3000円、EXTENDER RF2.0xが7万5000円となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]