logo

「セグウェイ」、7月に生産終了へ--販売振るわず

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月24日 14時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 立ち乗り式2輪車「Segway(セグウェイ)」が7月に生産終了となることが明らかになった。これまでショッピングモールの警備などに利用されていた。

セグウェイ
提供:Loren Elliott/Getty Images

 Gizmodoが米国時間6月23日にこの件をいち早く報じ、この斬新な乗り物が販売面で成功しなかったと伝えた。セグウェイを開発したDean Kamen氏は2015年、中国のNinebotにセグウェイ社を売却。Ninebotの2019年売上高のうち、初代セグウェイの売上高はわずか1.5%だった。

 セグウェイ社はこの件に関するコメントの依頼にすぐには応じなかった。

 セグウェイは2001年に登場した際、モビリティを変革するものと期待されたが、5000ドルという価格が販売の足かせとなった。それでも、セグウェイは極めて機動性に優れた自立型マシンであり、わずかな動きだけで操縦が可能だ。

 われわれがよく知るセグウェイは7月15日で生産終了となるが、Ninebotは今後も移動用マシンを開発する計画だ。実際、同社は車輪に卵を乗せたような形状の新たな「Segway S-Pod」を1月に発表している。これは操作レバーを備えているため、初代セグウェイのようにユーザーが体を傾ける必要はない。

 とはいえ、初代セグウェイには敬意を表したい。ただ時代を少し先取りしすぎただけなのだから。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]