logo

セグウェイ、ゆったり座って移動できる1人乗り2輪車「S-Pod」--“ジャイロスフィア”から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Segway-Ninebotは、新しいタイプの乗り物として、2輪車と椅子が合体したようなパーソナルモビリティ「Segway S-Pod」を発表した。

Segway S-Pod(出典:Segway-Ninebot)
Segway S-Pod(出典:Segway-Ninebot)

 S-Podは、立ち乗り式2輪車「セグウェイ」に椅子が取り付けられたような形状の1人乗り移動デバイス。自動的にバランスをとって自立し、その場で回転することも可能だ。

 セグウェイは乗っている人が重心を移動してコントロールするのに対し、S-Podは制御パネルに設けられたノブを使って操作する。そのため、ゆったり座っているだけで移動でき、体を動かす必要がない。最高速度は時速24マイル(時速約39km)。

 Segway-Ninebotは、空港やテーマパーク、ショッピングモールなど、閉じた環境での移動手段に活用できるとしている。

 なお、S-Podの着想は映画「ジュラシック・ワールド」に登場した乗り物「Gyrosphere(ジャイロスフィア)」から得たそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]