logo

「tvOS 14」、ピクチャインピクチャやAirPlay経由の4K再生に対応

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月23日 09時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple TV」向けOSに新機能が追加される。Appleは年次開発者会議WWDC20の基調講演で「tvOS 14」を発表し、「HomeKit」対応のスマートビデオカメラやドアベルとの連携、ピクチャインピクチャモード、そしてビデオゲームサービス「Apple Arcade」のアップデートについて説明した。

Apple Arcade
提供:Screenshot by Sarah Tew/CNET

 Apple Arcadeは複数ユーザーに対応したほか、コントローラー「Xbox Elite Series 2」や「Xbox Adaptive Controller」も使えるようになった。さらに「iPhone」や「iPad」の写真アプリにある動画を、「AirPlay」を介してApple TVで4K再生できるようになった。

ピクチャインピクチャモード
ピクチャインピクチャモード
提供:Screenshot by Sarah Tew/CNET

 Appleはこれに先立ち、「iOS 14」「iPadOS 14」「watchOS 7」を発表した。これらと同じく、tvOS 14は今秋にリリース予定だ。

 同社はtvOS 14によって、メディアストリーミングデバイスやスマートテレビの分野におけるApple TVの競争力を強化しようとしている。この分野では、RokuとAmazonがそれぞれのプラットフォームである「Roku」と「Fire TV」によって、市場シェアの大部分を有している。

 「Android TV」という独自のスマートテレビOSを持つGoogleは、80ドル(約8500円)のドングルを準備中だとうわさされている。このドングルにより、アプリや「Chromecast」を介したテレビでの4K HDR動画視聴だけでなく、同社のビデオゲーム配信サービス「Stadia」を介したゲームプレイが可能になるとされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]