logo

「watchOS 7」、待望の睡眠トラッキングに対応--新型コロナ対策の手洗い支援機能も

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月23日 05時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは6月23日、年次開発者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)でウェアラブル機器向けOSの新バージョン「watchOS 7」を発表した。

 watchOS 7では待望の睡眠トラッキング機能が追加された。予定通り就寝するための「Wind Down」(就寝準備)モードなどが含まれる。起床後には、眠った時間や週ごとの睡眠傾向を示すチャートなどを視覚的に確認できる。


 「Apple Watch」に文字盤ストアの機能はないが、新OSではカスタマイズされた文字盤を共有する機能が追加された。共有された文字盤が未インストールのアプリを利用する場合は、容易にそのアプリをダウンロードできる。作成した文字盤は、連絡先やSNSから簡単に共有可能だ。

 ヘルスケアやフィットネス関連では、「ワークアウト」アプリが4種類の新たなワークアウトに対応し、コアトレーニング、ダンス、機能的筋力トレーニング、クールダウンが追加された。「アクティビティ」アプリは「フィットネス」に改称され、アクティビティの履歴やトレンドなどを一覧できる新たな概要タブが追加された。

Fitnessのアイコン
提供:CNET

 また、「Siri」を使ってApple Watchで直接、複数の言語を翻訳できるようになった。iOS 14と同様、マップでは一部都市でサイクリングに特化した道案内に対応した。

 新型コロナウイルスが世界的に感染拡大する中、watchOS 7ではモーションセンサーやマイク、機械学習を利用してユーザーが手洗いを始めたことを検知し、少なくとも20秒間は手洗いを続けるように支援するカウントダウンタイマー機能が追加された。

手洗い
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]