logo

「iPadOS 14」発表--ウィジェットを強化、手書き認識機能などを追加

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月23日 03時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは6月23日、年次開発者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で「iPadOS」の新バージョンを発表した。iPadOS 14は「iOS 14」に似ているが、「Apple Pencil」の活用など、タブレットならではの機能を特徴としている。


 iOS 14と同じく、iPadOS 14ではホーム画面にAndroid風のウィジェット機能を採用している。

 写真はサイドバーへのドラッグ&ドロップが可能になり整理しやすくなったほか、ナビゲーション機能が強化された。ツールバーが効率化され、新たなドロップダウンメニューからアプリやツールに素早くアクセスできるようになった。

 「Universal Search」機能では、アプリの起動、アプリ内検索、連絡先や文書の検索、ウェブ検索の起動が可能だ。

 Apple Pencil関連の機能も強化され、手書き認識機能「Scribble」が追加された。テキストフィールドに手書きで入力し、テキストに変換することができる。

手書き認識機能「Scribble」
提供:CNET

 WWDCは新型コロナウイルスの影響により、今回はオンラインで開催されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]