logo

JOLED、中国TCL傘下のパネルメーカーと資本業務提携--テレビ向け大型有機ELディスプレイ開発へ

加納恵 (編集部)2020年06月19日 17時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JOLEDは6月19日、中国ハイテク企業TCL Tech傘下のディスプレイパネルメーカー、TCL華星光電技術と資本業務提携契約を締結したと発表した。

 華星光電日本を引受先とする第三者割当増資により200億円を調達し、独自の印刷方式有機ELディスプレイ製造技術を活用したテレビ向け大型有機ELディスプレイの共同開発を開始する。

 RGB印刷方式有機ELディスプレイは、高コントラストで、色再現性や高速応答性に優れていることが特徴。薄型・軽量、曲げられるフレキシブル性などの長所を併せ持つ。有機EL材料を印刷により塗布、形成するため、生産工程がシンプルで多様な画面サイズに対応が可能だ。

 TCL華星光電技術は、テレビとモバイル向けディスプレイパネルにおける世界第2位のパネルメーカーになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]