キリン×JAL、リモート社会科見学を開催--日本MSの技術協力で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キリンビバレッジと日本航空(JAL)は6月12日、日本マイクロソフトの技術協力の元「おうちで工場見学を楽しもう!!リモート社会科見学」と題した、各社の工場見学を生中継で無料公開すると発表した。

キャプション

 第一弾は、6月27日13時からキリンビバレッジ湘南工場。第二弾は、6月28日13時からJAL羽田整備工場で開催される。

 現在両社は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため工場見学を休止している。このような時だからこそ「今できること」を考え、家族で一緒に自宅にいながら楽しく学べる「リモート社会科見学」を開催することにしたという。

キャプション

 なお、普段直接来場できない全国各地の未就学児を含む子供やその家族最大2万人が参加可能。日本マイクロソフトの「Microsoft Teams ライブイベント」と「HoloLens 2」を活用し、国内で初めて工場見学の映像や見学者目線の映像を、リアルタイムで遠隔地に配信する。

 最新のMixed Reality(複合現実)テクノロジーである「HoloLens 2」を工場にいる見学者役が装着。「Microsoft Teams ライブイベント」と繋げることで、参加者が見ている工場の映像に、遠隔地にいる従業員の顔が重ね合わせて表示され、表情を見ながら設備について会話をする感覚が味わえるという。

キャプション

 キリンビバレッジのリモート社会科見学では、「キリン 午後の紅茶」ができるまでの様子を、工場工程を身近に体験できる世界でも珍しい機械や臨場感ある製造ラインの映像で体感できるという。また、製造工程のイラストが描かれた「見学ノート」を特設ページから印刷することで、製造工程を理解しながら工場見学に参加できるという。

 JALのリモート社会科見学では、実際に格納庫で航空機が整備される様子をライブ中継するほか、整備担当者の解説付きで整備の仕事を見ることができる。また今回は特別に、コックピットの様子もムービーで公開予定。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]