logo

Twitter、「認証済みアカウント」をアプリ内で申請する機能を開発中か

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月09日 09時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterが「認証済みアカウント」をアプリ内で申請する新たな仕組みを開発中だという。リバースエンジニアリングで知られるJane Wong氏が米国時間6月7日、その発見についてツイートした。同氏は、その新機能がアプリ設定の「Personal Information」セクションに追加されることを示すスクリーンショットを投稿している。

 同社は電子メールでWong氏の発見を否定しなかったが、それ以上のコメントは避け、セルフサービスの認証に取り組んでいるとするプロダクトリードKayvon Beykpour氏のツイートを指し示した。

 Twitterで「認証」(本人確認)されたユーザーは、名前の横に青と白の小さなチェックマークが表示される。Twitterの最高経営責任者(CEO)であるJack Dorsey氏は、同社が2018年に認証サービスを拡張する計画だと述べていた。しかし、バージニア州シャーロッツビルで開かれた極右集会「Unite the Right」の主催者であるJason Kessler氏のアカウントが認証された問題を受けて、2017年にその作業は一時的に中断されていた。

 Twitterは2016年に、個人アカウント、ブランド、企業の申請プロセスを公開することにより、認証プロセスの透明化を図った。Twitterは、認証済みのチェックマークとそのアカウントを認証する理由を示す簡単な説明(リンク付き)の表示を希望する場合に、必要となる項目を提示した。アプリ内の新たな「Request Verification」が、2016年の形式とどう違うのかは現時点で不明だ。なお、現在Twitterの認証済みアカウントプログラムは保留中で、新規のリクエストを受け付けていない。

提供:Chesnot/ Getty Images
提供:Chesnot/ Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]