logo

アットホームとライナフがAPI連携--入居募集から申込まで一元管理可能に

加納恵 (編集部)2020年06月03日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アットホームとライナフは6月3日、アットホームが提供しているオンライン入居申込システム「スマート申込」と、ライナフが提供しているAIで物件確認を自動化するサービス「スマート物確」のAPI連携を開始したと発表した。募集から申込までシームレスな賃貸管理が可能になる。

アットホームが提供しているオンライン入居申込システム「スマート申込」と、ライナフが提供しているAIで物件確認を自動化するサービス「スマート物確」のAPI連携を開始した
アットホームが提供しているオンライン入居申込システム「スマート申込」と、ライナフが提供しているAIで物件確認を自動化するサービス「スマート物確」のAPI連携を開始した

 今回のAPI連携により、スマート申込に登録した「申込中」「契約者確定による募集停止」などの入居申込に関するステータスがスマート物確に連携され、不動産管理会社は募集から申込までの一元管理が可能。入居申込状況をスマート物確に連携することで、不動産仲介会社は細かなステータスをリアルタイムで確認でき、入居希望者に対して物件の状況を正確に伝えられる。

 今後は、ライナフが開発する、予約から鍵の受け渡しまで、内覧業務を効率化するサービス「スマート内覧」との連携を進めていく予定。不動産業界の働き方改革をより一層支援していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]