logo

ザッカーバーグCEO:「Facebookは真実の裁定者になるべきではない」

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月29日 06時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの創設者で最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は、CNBCのAndrew Ross Sorkin氏とのインタビューで、ソーシャルメディアプラットフォームは政治家の投稿をファクトチェックするべきではないとの考えを語った。Zuckerberg氏は、米国時間5月28日に放映された20分近くに及ぶ会話の中で、リモートワークの未来、COVID-19がもたらした新しい現実、ソーシャルメディアプラットフォームにおける言論の自由について語った。

Mark Zuckerberg氏
提供:Screenshot by David Priest/CNET

 先頃Donald Trump米大統領が発信した郵便投票に関する複数のツイートについて、Twitterは「誤解を招く情報を含む可能性がある」としてラベルを表示した。このTwitterの判断について聞かれたZuckerberg氏は、これには直接言及せず、拡散性のあるオンラインの偽情報に関するFacebookのアプローチと基本理念について語った。

 Facebookのファクトチェックプログラムの目的は、「一語一句を解析して、誰かが少し正しいか少し間違っているかを判定することではない(中略)非常に悪質な内容を検出することにある」とZuckerberg氏は述べた。

 広くは「Facebook、またはインターネットプラットフォーム全般は、真実の裁定者になるべきではないと私は考えている」と同氏は述べ、政治的発言は既にメディアでさまざまな人々によって十分に精査されているとした。

 ただし、「暴力を引き起こす」または自傷行為につながるなどの「危険な」言論は例外だとして、「それらについては、発言者が誰であろうと削除する」と語った。

 このインタビューについてFacebookにコメントを求めたが、回答はすぐには得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]