logo

「Chrome」、過剰に「重い」広告をブロックへ--8月から

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2020年05月15日 08時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月14日、ネットワーク帯域幅やCPU処理能力などのシステムリソースを過剰に消費する広告を検出してアンロードする仕組みを「Chrome」ブラウザに追加すると発表した。

 「重い」広告をブロックするこの新しい仕組み「Heavy Ad Intervention」を、8月下旬にリリースする安定版で提供する。

 Googleによると、以下のいずれかの条件を満たす広告が「重い」広告とみなされる。

  • 4MBを超えるネットワーク帯域幅を消費する
  • 合計CPU使用時間が60秒を超える
  • 任意の30秒間のCPU使用時間が15秒を超える

 上記のいずれかの条件に当てはまる広告は、現在のページからアンロードされ、エラーメッセージがChromeに表示される。

エラーメッセージ
エラーメッセージ
提供:Google

 Googleは、この機能の開発を2019年7月に開始した。この機能は現在、Chrome Canaryディストリビューションで提供されている。以下のURLからこの機能を有効化できる。

chrome://flags/#enable-heavy-ad-intervention

 同機能はまずChromeベータ版に追加されてから、正式版に追加されることになる。正式版では、デスクトップ版でもモバイル版でも、デフォルトで有効となる見込みだ。

 Googleは発表の中で、重い広告はバッテリーを消費し、既に負荷の高いネットワークを飽和させ、通信料を消費すると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]