logo

クアルコム、スマートフォン中級機種向けプロセッサ「Snapdragon 768G」を発表

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月12日 07時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは米国時間5月11日、ミッドレンジ・スマートフォンの性能向上につながる新しいプロセッサ「Snapdragon 768G」を発表した。

Snapdragon 768G
Snapdragon 768G
提供:Qualcomm

 Snapdragon 768Gのクロックレートは2.8GHzで、2019年発表の「Snapdragon 765G」(同2.4GHz)に比べて「最大15%の性能向上」を実現すると同社は説明している。

 Snapdragon 768Gは、Snapdragon 765Gと同様、Qualcommの「X52」モデムを内蔵し、5Gの3つの周波数帯であるローバンド、ミッドバンド、ミリ波帯にそれぞれ対応する。最大通信速度(下り)は5Gで3.7Gbps、4G LTEで1.2Gbpsとなっている。

 同プロセッサでもう1つ特筆すべき点は、よりスムーズな表示を可能にするリフレッシュレート120Hzのディスプレイをサポートすること。2020年のトレンドとして人気を集めている120Hzのリフレッシュレートは、サムスンの「Galaxy S20」シリーズや「OnePlus 8 Pro」など多くの端末に採用されており、最近では、Appleも2020年秋に発表する次期「iPhone」にその機能を追加する可能性があるとのうわさも流れていた。

 Snapdragon 768Gを搭載する初のスマートフォンは同じく11日に発表された小米科技(シャオミ)の「Redmi K30 Racing Edition」で、同端末は今週中国国内で2000元(約3万円)で発売の予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]