logo

アップル開発者会議「WWDC 2020」、6月22日よりオンラインで開催

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月06日 07時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、2020年の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)を米国時間6月22日よりオンラインで開催すると発表した。すべての開発者が「Apple Developer」アプリと「Apple Developer」のウェブサイトから無料でWWDCにアクセスできるとしている。

 例年Appleは6月初旬にWWDCを開催し、「iPhone」や「iPad」「Mac」向けの新しいソフトウェアを発表しているが、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、オンラインのみで開催することが3月に発表されていた。

 Appleは毎年、WWDCで「iOS」や「macOS」などの新しいソフトウェアを中心に披露しているが、デバイスが発表されることもある。2019年には、新型「Mac Pro」(5999ドル、税別59万9800円~)などが発表された。

 また今回Appleは、学生を対象に「Swift Student Challenge」を実施する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]