logo
新型コロナウイルス関連

アップル、6月の「WWDC 2020」をオンラインのみで開催へ--新型コロナの影響で

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2020年03月14日 06時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月13日、毎年6月に開催している年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を今回はオンラインのみで開催すると発表した。

Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏とデザイナーのJony Ive氏
Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏とデザイナーのJony Ive氏。WWDC 2019にて
提供:James Martin/CNET

 新型コロナウイルスが理由であるとは述べなかったが、ワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏は発表の中で「健康に関わる現在の状況により、オンラインの基調講演やセッションを含む全プログラムを提供する、新たなWWDC 2020のフォーマットを作ることが必要となった」とした。

 同イベントでは通常、数千人の開発者がカリフォルニア州サンノゼに集結し、「iOS」「macOS」「iPadOS」「watchOS」に搭載される最新の機能や開発者向けツールが発表される。

 Appleはオンライン配信の具体的な日程を明らかにしていないが、開発者向けのアプリやポータル、電子メールで6月までの間にさらなる情報を通知するとした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]