logo

「Windows 10X」、まずは1画面デバイスでリリースへ

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月05日 13時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10X」のリリースはまだ先だが、新たなデュアルスクリーンデバイスでこのOSを使いたいと考えているのであれば、もう少し長く待つ必要がある。

Windows 10X
提供:Sarah Tew/CNET

 Microsoftで「Windows」およびデバイス担当の最高製品責任者(CPO)を務めるPanos Panay氏は米国時間5月4日、同社のブログで、5月にリリース予定の「Windows 10 May 2020 Update」の一環としてリリースするいくつかの新機能について説明した後で、Windows 10Xの開発状況に話題を移し、このOSをまずは従来型のシングルスクリーンデバイスに向けてリリースすることになると述べた。

 「世界は、デュアルスクリーンのWindowsデバイスという新たなカテゴリーのビジョンについて披露した2019年10月とはまったく異なる状況に置かれている」(Panay氏)

 Panay氏は、「われわれは柔軟性を念頭に置いてWindows 10Xを設計した。その柔軟性によって、われわれの顧客が新たな方法で作業し、学習し、遊べるよう支援するために、クラウドの力を活用した、シングルスクリーン搭載Windows 10Xデバイスに向けたわれわれの取り組みが可能になった」と述べた。また同氏によると、「顧客の元に送り届けられるWindows 10Xの最初のバージョンは、そのようなシングルスクリーン搭載デバイスで動作するものとなる」とはいえ、Microsoftは「OEMパートナーと協力して、デュアルスクリーン搭載デバイスを市場に投入する適切なタイミング」を見極めているところだという。

Surface Neo
2画面デバイス「Surface Neo」
提供:Sarah Tew/CNET

 デュアルスクリーンとポータビリティーを念頭に置いて設計されたWindows 10Xは、旧来の「Win32」アプリを含む既存のWindowsアプリを実行できるとともに、より新しいフォームファクターの利点を享受できるという点で、アップデートされたWindowsという色合いの製品になる。

 Microsoftは10月に、2画面デバイス「Surface Neo」「Android」ベースの「Surface Duo」とともに、Windows 10Xについて発表した。Surface Neoは2020年のホリデーシーズンに発売される予定とされていたが、米ZDNetによると、「Surface Neo」をはじめとするデュアルスクリーン搭載Windows 10Xデバイスの市場投入は、2021年以降になる可能性がある。

 Microsoftの計画について知る人物が米CNETに話したところによると、Microsoftは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが続いている現在、リソース投入の優先順位を見直し、シングルスクリーン搭載デバイスのOSのアップデートを優先するとともに、Surface Neoをはじめとするデュアルスクリーン搭載デバイスに対する10Xの開発計画を一時的に停止している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]