logo

マイクロソフト、折りたためる2画面モバイル「Surface Neo」発表--着脱式キーボードも

山川晶之 (編集部)2019年10月03日 02時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、ニューヨークで開催されたSurfaceイベントにて、折りたたみモバイルデバイス「Surface Neo」とAndroidを搭載した折りたたみスマートフォン「Surface Duo」を発表した。本記事では、Surface Neoを紹介する。

キャプション
2画面デバイス「Surface Neo」

 9インチのディスプレイを2枚搭載したデュアルスクリーン仕様となっており、360度ヒンジを搭載することで、見開きやタブレットのように使用可能。広げたときの厚みは5.6mmと薄く、重さは650gと軽量だ。スペックなど詳細は明らかにされていないものの、CPUにはIntelのLakefieldプロセッサを採用するという。

 さらに、薄くなった新型のSurface Slim Penに対応し、使用しないときは内蔵された磁石で天板にくっつけることができる。また、薄型のBluetoothキーボードをラインアップ。こちらも磁石で天板に固定でき、そのままディスプレイまでひっくり返すことで、ノートPCスタイルに変身する。キーボード外の余白は、サブディスプレイとして利用できるほか、トラックパッドを表示することも可能だ。

キャプション
新型の「Surface Slim Pen」は磁石で本体に取り付けられる
キャプション
天板に固定したキーボードをひっくり返すとノートPCスタイルに
キャプション
キーボードを奥に設置して手前のディスプレイにトラックパッドを表示することも可能
キャプション
Bluetooth接続のため取り外して使うこともできる

 OSは、タッチベースのデュアルスクリーンに特化した「Windows 10X」を採用。見開きやノートPCスタイル、タブレットスタイルなど、それぞれでシームレスな操作を実現する。なお、発売は2020年のホリデーシーズンを予定しているという。

 さらに、マイクロソフトでは、Armベースの「Surface Pro X」、Intelコアの「Surface Pro 7」、2つのディスプレイサイズを用意する「Surface Laptop 3」を発表。こちらは別途紹介する予定だ。

キャプション
別々のアプリを同時に表示
キャプション
アプリのウィンドウを指でドラッグして真ん中に持ってくると
キャプション
2画面を使ったフルスクリーン表示になる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]