logo
新型コロナウイルス関連

アップルとグーグル、新型コロナ追跡技術のプライバシー保護について説明

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2020年04月27日 10時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中の企業と政府が新型コロナウイルスのパンデミックと闘うなかで、AppleとGoogleは、ウイルスにさらされた可能性があるユーザーに通知する目的で開発してきた感染追跡技術に変更を加えている。

iPhone
提供:Pixabay/Photo by Angela Lang/CNET

 このプロジェクトを4月10日に発表した両社は、最初の計画書を公開した。その目的は、セキュリティ研究者、パートナー、慎重派の人々にこの技術を検討する手段を提供することだ。

 両社によると、セキュリティ向上のため感染追跡プログラムを変更し、暗号化の方法を改善して、身元を特定する情報にスクランブルをかけることで個人が追跡されないようにするという。また、使用しているスマートフォンの機種や送信信号の強度など、個人のスマートフォンの特定につながり得る情報も保護する。

 AppleとGoogleは、両社が連携して提供するAPIをもとに衛生当局がアプリを開発することを想定しているが、開発の支援も行うと述べている。衛生当局が独自アプリを開発することを望まない場合は、リブランド可能な既製アプリを利用できるようにするという。

 両社はまた、広く使われてきた「接触追跡(contact tracing)」という専門用語についても、表現を変更する。この用語では人々がプライバシーの懸念を高めてしまう可能性があった。同システムの呼称を「曝露通知(exposure notification)」と改めることで、プログラムの機能をより分かりやすくすると同時に、プログラムが「プライバシーを保護する」ことを一層強調したい考えだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]