logo

iPhone SE発表、ベストセラーになるか?--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月13日~4月19日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。Appleは米国時間4月15日、iPhone SE(第2世代)を発表した。4.7インチでホームボタンと指紋認証のTouch IDが用意された、旧来のデザインに、最新のiPhone 11と同じA13 Bionicチップを搭載し、399ドル(日本では4万4800円)からと、非常に手頃な価格に設定された。

 Appleは2016年にも、同じ条件で開発した廉価版スマートフォンとして、iPhone SE(初代)を発売した。その条件とは、

  • 2世代前のハードウェアデザインを利用する
  • 最新のiPhone向けチップを採用する
  • 販売価格を399ドルからとする

 というものだ。2016年当時、iPhone 6sがハイエンドモデルだったが、その価格は649ドルからだった。しかし現在のiPhone 11は749ドル、最上位機種のiPhone 11 Proは999ドルからと設定されており、「Appleのスマートフォンラインアップの中では」より割安モデルと位置付けることができる。

 しかしスマートフォン市場全体を見渡せば、399ドルという価格はミドルレンジに属し、ローエンドは100ドル前後から。iPhone SEであっても、必ずしも価格が安い製品とはいえない。ただ、ミドルレンジの製品として、プロセッサ性能、カメラの品質は高く、しかもiPhoneのブランドもある。しかも、収益性は確保しているはずだ。

 その意味で、タブレット市場がそうであった通り、Appleのミドルレンジ拡充戦略によって、スマートフォン市場の現在のプレイヤーに撤退を決断させるような形で、スマホ市場の崩壊を誘う可能性もある。

アップル、次期「iPhone」で大幅なデザイン刷新を計画か(4/14) アップル、4.7インチの新「iPhone SE」発売へ--A13 Bionic搭載、4万4800円から(4/16) 新「iPhone SE」はコロナ時代に最適のスマホかもしれない(4/16) アップル、(PRODUCT)RED製品の一部収益を新型コロナ対策に寄付へ(4/17) 「4インチにこだわってほしかった」--待望の新「iPhone SE」にガッカリする人たち(4/17)

新型コロナ対策に、データ公開へ

 Appleは基本的にユーザーのデータを取得しない、保存しない、関知しないというもっとも厳しいプライバシーポリシーを敷いているが、新型コロナウイルス対策で、マップに関連するデータの活用を進めている。

 先週も、AppleとGoogleは、OSレベルでBluetoothを用いた「濃厚接触検出」の仕組みを構築し、陽性患者との接触を通知する仕組みを構築することを明らかにしたばかりだ。

 先週公開されたのは、都市や国ごとに Appleの「マップ」アプリで検索された回数を、個人が特定されないようデータを匿名化した上で、1月末との比較するものだ。人の移動を抑制し接触を減らす対策を行っている公衆衛生の施策づくりに役立てられることを目指す。

 ただし、このデータは弱い部分もある。実際の移動の有無のデータではなく、「移動意向」ということになる。また、毎日交通状況が変化する車通勤と異なり、公共交通機関を利用する場合、毎日同じ場所へ通う通勤・通学の移動意向は検出されない可能性が高い。

アップル、「マップ」アプリに新型コロナ検査場所を表示へ(4/13) アップル、ユーザーの移動傾向データを公開--新型コロナ対策支援で(4/15) アップルとグーグルの新型コロナ追跡ツール、パンデミック収束後に停止へ(4/15)

その他

MacBook Airレビュー--リモートワークや遠隔授業に強い、シンプルなオールインワン(4/13) MacBook Air(Early 2020)が注目される最大の理由--Magic Keyboardの仕上がりは(4/14) アップル、「iPad Pro」用「Magic Keyboard」の予約受付開始(4/16) 「macOS Catalina 10.15.5」にバッテリー状態を管理する新機能(4/17) アップル、カスタマイズ可能なヘッドホンを開発か(4/17)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]