logo
新型コロナウイルス関連

ソニーとエムスリー、新型コロナウイルス感染症対策で協業--医療最前線の安全をサポート

加納恵 (編集部)2020年04月16日 09時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとエムスリーは4月16日、新型コロナウイルス感染症対策で協業したと発表した。胸部CT検査画像の診断支援サービスや画像診断支援AIの開発などを開始する。協業実施に係る費用は、4月2日に発表した「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」より拠出する。

 今回の協業は、医療の最前線の安全を向上させることに主眼を置いてすすめていくとのこと。

  • 全国の医療現場に対し、新型コロナウイルス感染症疑い症例の診断を支援するための胸部CT検査画像の診断支援サービス、画像診断支援AIの開発と普及
  • 新型コロナウイルス感染症治療の最前線にいる医師からの最新の知見をはじめとした各種対応知識を全国の医師・医療従事者に伝達するための、無料ウェブ講演会の開催(最大20回程度を予定)
  • 新型コロナウイルス感染症治療に携わる医療関係者向け負荷低減ソリューションの開発
の3点から開始する予定としている。

 両社は、新型コロナウイルス感染症対策以外の医療領域においても取り組みを開始していく計画で、ソニーのスタートアップ創出支援プログラム「Sony Startup Acceleration Program」を活用し、ソニー社内で医療分野におけるアイデアを公募しプロジェクト化することで課題解決を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]