logo

NVIDIA、リアルタイムレイトレーシング対応の「Minecraft」ベータ版を配信へ

佐藤和也 (編集部)2020年04月15日 20時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは米国時間の4月14日、ゲーム「Minecraft」をテーマに、リアルタイムレイトレーシングに対応した「Minecraft with RTX」のベータ版を、日本時間の4月17日午前2時から無料配信予定であることを発表した。対応OSはWindows 10。

 Minecraft with RTXは、NVIDIAと Microsoft、デベロッパーであるMojang Studiosが連携して開発されたタイトル。リアルタイムレイトレーシングやリアルなマテリアル、NVIDIA DLSS 2.0で大幅に刷新された、次世代グラフィックスの魅力を体験できるという。Windows 10版Minecraftを所有しているユーザー向けの無料アップデートとして、2020年に公開される予定としている。

 ベータ版では、GeForce RTX 2060 GPU以上のGPUならびに、最新の NVIDIA Game Ready ドライバも必要となっている。

 配信にあわせて、「Aquatic Adventure RTX by Dr_Bond」「Color, Light and Shadow RTX by PearlescentMoon」「Crystal Palace RTX by GeminiTay」「Imagination Island RTX by BlockWorks」「Neon District RTX by Elysium Fire」「Of Temples and Totems RTX by Razzleberries」の6つのワールドを、Minecraftマーケットプレイスから無料でダウンロード可能となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]