logo

動画配信サービス「Disney+」、年内に日本上陸へ--有料会員は5000万人超え

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月09日 13時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyは米国時間4月8日、動画ストリーミングサービス「Disney+」の有料会員数が開始から5カ月で5000万人を超えたと発表した。これに対し、世界最大の同種サービスであるNetflixの有料会員数は2019年末時点で1億6700万人だ。これはDisney+のおよそ3倍だが、Netflixは10年以上前にサービスを開始している。

Disney
提供:Disney

 Walt Disneyは当初、Disney+の契約者が6000万~9000万人に達するにはサービス開始から5年ほどかかるだろうと予想していた。しかし、実際には北米とオランダで2019年11月にサービスを開始してから1日余りで1000万人以上の会員を獲得。3カ月もたたないうちに会員数は計2860万人に増加した

 Disney+はその後、対象国を計14カ国に拡大しており、これにはインドや多くの西欧諸国が含まれる。

 同社のDirect-to-Consumer&International部門を統括するKevin Mayer氏は発表の中で、「Disney+が世界中の多くの人々の共感を得ていることは光栄であり、年内に西欧全体や日本、および中南米全体に拡大するにあたり、幸先が良いと考えている」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]