logo

「Disney+」契約者数、開始3カ月弱で2860万人に

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年02月05日 13時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストリーミングサービス「Disney+」の夢物語は、The Walt Disney Companyが思い描いたよりも早く現実になるかもしれない。同社は当初、Disney+の契約者が6000万~9000万人に達するにはサービス開始から5年ほどかかるだろうと予想していた。ところが同社は米国時間2月4日、Disney+の契約者が開始後3カ月も経たないうちに2860万人に達したことを明らかにした。

シンプソンズ
提供:Disney

 これに対し、世界最大のサブスクリプション動画サービスであるNetflixは、全世界の有料会員数が1億6700万人で、そのうち6100万人が米国の会員だ。Disney+には他にも、当初より人気の高さを示す兆候があった。サービス開始から1日余りが過ぎた時点で、Disneyは登録者が1000万人を超えたと発表した。また米国では、Googleの2019年の検索急上昇ワードで1位になった。

 Disneyは、Verizonのプランを通じて加入したDisney+の契約者数を明らかにしなかった。このプランは、Verizonの定額無制限のワイヤレスサービスを契約するとDisney+を1年間無料で利用できるというものだ。ただしDisneyは、Disney+の契約者が支払っている料金は平均で月額5.56ドル(約610円)であることを明らかにした。米国での料金は通常、月額6.99ドル(約770円)だが、バンドルや年間契約、または先行プロモーションによって、一部の会員についてはそれよりも料金が低くなっている。

 Disney+はおそらく、長い歴史をもつハリウッドのエンターテインメント企業が、Netflix、Amazon.com、「Apple TV+」「HBO Max」「Peacock」などに対抗してストリーミングに大金を投じている最も有名な例だろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]