logo
新型コロナウイルス関連

TwitterのドーシーCEO、新型コロナ対策に約1100億円拠出へ

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年04月08日 10時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterとSquareの最高経営責任者(CEO)を務めるJack Dorsey氏は米国時間4月7日、自身が保有するSquareの株式10億ドル(約1100億円)相当を拠出し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の支援にあてるとツイートした。資金は、パンデミック(世界的流行)の収束後、少女の健康や教育、ユニバーサルベーシックインカム(最低所得保障)に使われるとしている。

Jack Dorsey
Jack Dorsey氏
提供:Getty Images

 Dorsey氏は、この資金の動きを追跡できる「Googleスプレッドシート」へのリンクを共有した。

 テック業界はこれまでにも、COVID-19関連対策の支援に貢献してきた。Appleは中国の新型コロナウイルス感染拡大対策への寄付を倍増させたと報じられた。サムスンは資金を拠出し、政府らの医療機器の購入などに役立てているほか、隔離されている患者にスマートフォンを寄付している。ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、新型コロナウイルスの治療に対して1億ドル(約109億円)を寄付することを明らかにした。FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏が妻と共に設立した非営利団体チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブは、COVID-19対策を支援するため2500万ドル(約27億円)を提供すると述べた。AmazonのCEOを務めるJeff Bezos氏は、米国のフードバンクに1億ドルを寄付するとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]