logo

マイクロソフト「Windows 10」搭載端末が10億台の大台に

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月17日 08時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月16日、「Windows 10」のアクティブデバイス数が世界全体で10億を超えたと発表した。同社では約2カ月前に「Windows 7」のサポートを終了し、ユーザーに対してWindows 10へのアップグレードを呼びかけていた。

Acer製Windows 10搭載PC
Acer製Windows 10搭載PC
提供:Sarah Tew/CNET

 「地球上の7人に1人が、Windows 10によって素晴らしいことを計画、作成、想像、実行、移動、振動し、行っている」と、Microsoftのモダンライフ、検索、デバイス担当コーポレートバイスプレジデントを務めるYusuf Mehdi氏はブログ記事のなかで述べている。

 Windows 10は、1000社を超えるメーカー製の8万以上のモデルと構成のノートPCおよび2-in-1 PCに搭載されていると、Mehdi氏は述べている。またMicrosoftの「Mixed Reality」および「HoloLens」デバイスも同OSで動作している。

 Mehdi氏によると、ビジネスの分野では、Fortune 500リストにランクインする大企業全社でWindows 10搭載端末が使われているという。

 10年前、Windowsはプラットフォームとして圧倒的な世界シェアを誇っていたが、Appleと「Android」が主にモバイル端末分野でシェアを拡大し、10億台というアクティブデバイス数をWindowsよりも先に達成した。Appleは2016年にアクティブデバイス10億台を達成し、Androidは2017年にアクティブデバイス20億台の大台に到達していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]