logo

三井住友カード、「Visaプリペ」を新デザインにリニューアル--Google Payにも新規対応

西中悠基 (編集部)2020年03月02日 15時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井住友カードは3月2日、同社が発行するプリペイドカード「Visaプリペ」をリニューアルし、新デザインカードでの発行を開始すると発表した。

クレジットカードと同様のデザインに変更

 Visaプリペは、2019年9月より発行されているプリペイドカード。Visaのタッチ決済機能を持つほか、Apple Payへの登録にも対応している。

 今回のリニューアルでは、2月より同社が発行しているクレジットカードと同様のデザインに変更。カード番号や有効期限などのカード情報を裏面に集約し、盗み見などのリスクを低減。カード番号は4桁ずつ表記する「Visa クイックリード」デザインとし、ECサイト利用時におけるカード番号の可読性を向上する。

新デザインのVisaプリペ
新デザインのVisaプリペ

 また、従来のApple Payに加え、Google Payにも対応する。Google Payアプリへプリペイドカードを登録することで、iD加盟店やGoogle Pay対応のECサイトで支払いが可能。これまでに発行された旧デザインのカードも対応する。

 このほか、「三井住友カード Vpass アプリ」との連携も開始。アプリ上でプリペイドカードのチャージ残高や利用明細を確認できるようになる。また、プリペイドカードの利用制限設定や、利用者情報の変更手続きもアプリ上で可能となる。

Vpassアプリでチャージ残高や利用明細の確認が可能となる
Vpassアプリでチャージ残高や利用明細の確認が可能となる

最短5分でカード情報を発行、即時利用が可能

 三井住友カードはあわせて、最短5分でカード番号等を発行するサービスを、同日開始すると発表した。

 インターネット経由でクレジットカードを申し込むと、審査の上、最短5分でカード番号、有効期限、セキュリティコードを発行。ECサイトなどでの利用が即時可能となるほか、Apple Pay、Google Payへ登録すれば、店頭での利用もその場でできる。クレジットカードの現物は、後日郵送する。

クレジットカード申し込みから最短5分でカード情報を発行
クレジットカード申し込みから最短5分でカード情報を発行

 対象カードは、「三井住友カード」、同学生向けカード、「三井住友カード デビュープラス」の3種。ブランドはVisaとMastercardに対応する。即時発行サービスの提供時間は、毎日9時~19時30分の間。提供時間外の申し込みの場合は、翌9時以降に審査に取り掛かる。なお、入会時の利用枠は10万円程度となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]