グーグル、米各地のオフィスやデータセンターに1兆円超投資へ

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年02月27日 11時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはサンフランシスコのベイエリアに本社を構えているが、全米各地で拠点を拡大し続けている。GoogleとAlphabetの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は米国時間2月26日、2020年中に米国各地のオフィスやデータセンターに100億ドル(約1兆1000億円)を超える資金を投じる計画を明らかにした。

Google
提供:James Martin/CNET

 Pichai氏はブログの投稿で、「これらの投資は数千人の雇用を生み出す。Google内での職務、データセンターや再生可能エネルギー施設を建設する仕事、周辺の町やコミュニティーの地元企業でのビジネスチャンスなどが生まれる」と語った。

 Googleは米国で26の州に拠点を設けているが、新たな投資はコロラド、ジョージア、マサチューセッツ、ネブラスカ、ニューヨーク、オクラホマ、オハイオ、ペンシルベニア、テキサス、ワシントン、カリフォルニアの11州が対象となるとしている。ニューヨーク市ハドソンスクエアの新キャンパスも含まれている。2028年までに同地の従業員を現在の2倍収容できるようになるという。また、ミシシッピ州に新しいオペレーションセンター「Google Operations Center」を開設し、ユーザーやパートナー向けのカスタマーサポートを強化することも明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]