ロボットが変える農業の未来--オハイオの屋内農場「80 Acres Farms」を訪問 - (page 4)

Megan Wollerton (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年02月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップシークレットの施設

 「ここはいわばトップシークレットの施設で、ここにあるものはすべて当社が独占権を有している」。積み重ねられた10個の出荷用コンテナを前に、Zelkind氏はそう語った。この施設を目にした記者は筆者が初めてだそうで、Zelkind氏、Livingston氏、Haders氏の3人とも声をひそめつつ、興奮した様子で技術のことを話してくれる。他の屋内農場も技術を利用しているが、80 Acres Farmsは商業的にもっと包括的なアプローチをとっているという。その一環として、出荷する作物を積み下ろしする全自動ロボットと、作物を監視し、照明時間を管理するコンピューターシステムを使用している。

 80 Acres Farmsは、集中的に試行錯誤を繰り返しながら、5年をかけてこの農場を築き上げた。他社の技術を導入し、独自の技術も開発して実験を重ねながら、できるだけ「最適な」屋内農場を目指している。新しい農場を作るたびに、その前に学んだ経験を生かしてきた。そして、ハミルトンのこの農場が、最も新しく、最もハイテクな施設だ。

屋内農場の「生育ゾーン」
モジュール式の「育成ゾーン」が農場内に積まれている。筆者が訪問した際、チームは数十種類の葉物野菜を実験していた
提供:Tyler Lizenby/CNET

 「意気込みも不安もあるが、誰よりも先の地点にたどり着いた。といっても、そこには何の保証もない。これで十分でないことは分かっているし、過去を振り返っているひまはない。われわれは未来を目指している」(Zelkind氏)

 80 Acres Farmsのハミルトンの農場には、長さ40フィート(約12m)、幅と高さそれぞれ8フィート(約2.5m)の出荷用コンテナが10個ある。それぞれが4~6層に分かれていて、およそ4000株の作物を収容できるので、コンテナ全部がいっぱいになれば4万株を出荷できる。この農場で生産しているのは、主にレタスなどの葉物野菜だ。

 ミシガン州立大学で園芸学の教授を務めるErik Runkle氏の説明によると、80 Acres Farmsなどの屋内農場が、主として葉物野菜を扱っているのには理由があるという。本来は旬があるにもかかわらず、需要は1年中あるからだ。そのうえ、葉物野菜は、もともと傷みやすいにもかかわらず、長距離輸送されることが多い。出荷中に栄養価が落ちていくという理由もある。

 ここで疑問が生じる。実際のところ、屋内農業は経済的に採算がとれるのかということだ。結論から言うと、まだ答えは出ていない、とRunkle氏は言う。同氏をはじめ、ミシガン州立大学や他大学の研究者が、米農務省(USDA)からの助成金を受けて、まさにそのテーマの研究に取り組んでいる。だが、Runkle氏によると、4年間の研究を経てもなお、単純に「イエス」か「ノー」で答えを出せるには至っていないという。

 米国で、商用の屋内農業が始まったのは、8~10年ほど前だった、とRunkle氏は説明を続ける。同氏の推定では、米国の農産物のうち屋内農業で生産出荷されている割合は現在、1%にも満たない。早期に参入した企業のうち、ほとんどは既に撤退しているが、ニュージャージー州のAeroFarmsなど、著名な会社はまだ存続している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]