logo
CES 2020

CESで見つけた風変りなウェルネス製品--トイレに紙を届けるロボなど

Amanda Capritto (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年01月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CES 2020のショールームに、新しくておもしろい健康やウェルネス分野の製品が多数展示されることは、前々から分かっていた。とはいえ、困ったときにトイレットペーパーを持ってきてくれるロボットや、文字通り自分のDNAサンプルを挿入できるウェアラブルのような、興味深い製品に出会うことは予想していなかった。本記事では、われわれがこれまでに見つけた4つの奇妙なウェルネス製品を紹介する。

RollBot
提供:Katie Collins/CNET

Charminの「RollBot」

RollBot
提供:Charmin

 Charminがロールアウト(だじゃれをお分かりいただけるだろうか)したこの製品は、ここまでのCES 2020で最も人々を驚かせたウェルネスガジェットかもしれない。トイレットペーパーを切らしてしまって、階下のルームメイトにテキストメッセージを送ったり、電話したり、あるいは叫んだりする必要は、もうない。RollBotが新しいトイレットペーパーをトイレまで持ってきてくれるからだ。もちろん、RollBotはスマートフォンと接続されている必要がある。

Charminの「SmellSense」

SmellSense
提供:ZDNet

 恋人や家族がトイレから出てきてから何分か経った後で、トイレに入るのをためらった経験はないだろうか。CharminはRollBot以外にも、トイレでよくあるニーズに対応する製品を開発したようだ。SmellSenseは、トイレに入っても安全なのか、それとも、吐き気を催さないようにもう少し待つべきなのかを教えてくれる。

「Y-Brush」

Y-Brush
提供:Angela Lang/CNET

 世間一般の通念(と科学)では、歯磨きは少なくとも2分間やるべきだとされている。だが、Y-Brushを使えば、わずか10秒ですべての歯を磨けるという。われわれはCES 2019でこの製品を初めて見たが、CES 2020では、この魔法のようなデンタルケア製品を購入できるようになったことが発表された。Y-Brushは、スポーツ用のマウスガードのような外観をしており、ナイロン製のブラシですべての歯を覆う。歯を磨くときは、歯磨き粉を付けて、電源をオンにするだけでいい。

「DnaNudge」

DnaNudge

 特定の食べ物が自分の体にどう影響するかが気になる人にとって、DnaNudgeは嬉しい知らせだろう。DnaNudgeは、頬の内側から採取したDNAサンプルに基づいて、食べるべきものと食べるべきでないものを教えてくれるウェアラブルだ。これを食品のバーコードにかざすと、食べ物に対する体の反応に応じて、バンドのライトが緑色、オレンジ色、または赤色に点滅する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]