logo

クラウドキッチンのX Kitchenが約5000万円の資金調達--海外進出見据え店舗展開も

加納恵 (編集部)2019年12月27日 10時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドキッチン事業を手掛けるX Kitchenは12月27日、総額約5000万円の資金調達を実施したと発表した。さらなる事業拡大を目指す。デジタルベースキャピタルをリードインベスターとして、Skyland Ventures、East Ventures、エンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資を実施した。

X Kitchenのメンバーとデジタルベースキャピタル 代表パートナーの桜井駿氏(右端)
X Kitchenのメンバーとデジタルベースキャピタル 代表パートナーの桜井駿氏(右端)

 X Kitchenは、2019年4月に設立。1つのキッチンで複数のデリバリーブランドを展開するクラウドキッチン事業を展開している。現在、Uber Eatsなどのフードデリバリーサービスと連携し、都内の限定エリアで、和食、サラダやジュースなどのデリバリーを提供している。独自の需要予測データに基づくマーケティングを強みとしており、消費者の動向を捉え、スピーディーな商品開発、ブランド開発を続ける。

 今回調達した資金は、再現性のあるブランド開発と全国、海外進出を見据えた事業展開を念頭に、人材の確保や店舗展開を進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]