logo

東京ガスとオトバンク、絵本アプリ「みいみ」を配信--セリフを吹き替える楽しみも

佐藤和也 (編集部)2019年12月20日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オトバンクと東京ガスは、スマートフォン向け絵本アプリ「みいみ」を共同開発。12月19日から提供を開始した。利用料は月額制で1カ月につき500円(税込)。利用開始から1カ月は無料となっている。

 みいみは、親子向けに開発された絵本アプリ。声優やナレーターによる絵本や児童書の朗読を楽しんだり、登場人物のセリフの一部を自身で吹き替えて遊んだりすることができる。親子でプロの朗読をじっくり聞いてコミュニケーションをしたり、セリフを吹き替えて表現する楽しみを味わうことができるなど、親による読み聞かせだけではない新たな絵本の楽しみ方を提案するという。

画面イメージ
画面イメージ
読み聞かせ
読み聞かせ

 冊数は約50冊を収録し、リリース時には過去に映画化もされた「絵本 はなちゃんのみそ汁」や、イラストレーターのヨシタケシンスケさんが挿絵を担当している「レッツとネコさん」のほか、名作童話や昔ばなしを配信。「おさるのまいにち」「サラとピンキー パリへ行く」といった作品も近日配信を予定している。

 絵本や本の一部のセリフを吹き込んで遊ぶことができる機能では、ボイスチェンジ機能も用意。また、吹き替えた作品を保存が可能。親子で録音した音声を思い出や子どもの成長記録として保存しておくことができる。

吹き替えが可能
吹き替えが可能

 今後は配信コンテンツ数を拡大していく予定のほか、録音データの容量を増やし音のアルバムとしての一面も兼ね備えたアプリを目指した機能拡張を予定しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]