logo

ヤフー、「OYO LIFE」運営会社との提携解消か

加納恵 (編集部)2019年12月17日 21時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月にサービスを開始した、敷金・礼金・仲介手数料0円のアパートメントサービス「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANの保有株をヤフーが売却したと、12月17日、日本経済新聞が報じた。

 OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANは、インドのスタートアップであるOYOとヤフーの合弁会社として設立。敷金・礼金・仲介手数料0円のアパートメントサービスとして、設立当初から大きな話題を呼んだ。入居者が、家事代行サービスやカーシェアリングなどのサブスクリプションサービスを利用できる「OYO PASSPORT」などの独自サービスを用意し、新しい賃貸の形を提案していた。

 報道によると、OYO Hotels & Homesとヤフーは合弁関係を解消しているとのことで、解消の理由は明らかにされていないという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]