logo

T-MobileとSprintの合併めぐり訴訟審理開始

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年12月10日 12時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 T-MobileとSprintがニューヨークで米国時間12月9日午前、合併の承認を得るべく法廷に向かった。この日の審理を皮切りに、合併に反対する一部の州司法長官が提訴した裁判が始まることになる。主導しているのは、ニューヨーク州司法長官のLetitia James氏とカリフォルニア州司法長官のXavier Becerra氏だ。

T-MobileとSprint
提供:Angela Lang/CNET

 米連邦地裁のVictor Marrero判事が冒頭陳述を省略すると述べた後、最初に証言台に立ったのはSprintの最高マーケティング責任者(CMO)Roger Solé氏だ。

 裁判の焦点は、T-Mobileが265億ドル(約2兆9000億円)でSprintを買収する計画を認めるべきかどうかだ。合併は2018年に発表され、2019年に入って米連邦通信委員会(FCC)米司法省から承認を受けている。州司法長官らによる提訴は、T-MobileとSprintの合併を阻む最後のハードルだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]