logo

批判されるYouTubeのレコメンデーション、CEOが擁護

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月03日 11時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過激主義の拡散や児童の性的搾取問題など、YouTubeが殺到する非難に対処する中、アルゴリズムを利用してユーザーを新しいコンテンツに導く強力なレコメンデーションシステムについても批判の声があがっている。

YouTubeの最高経営責任者(CEO)Susan Wojcicki氏
YouTubeの最高経営責任者(CEO)Susan Wojcicki氏
提供:Getty

 YouTubeの最高経営責任者(CEO)Susan Wojcicki氏は米国時間12月1日、CBSのニュース番組「60 Minutes」のインタビューで同サイトにおけるレコメンデーションの仕組みを擁護した。YouTubeには1分あたり500時間相当という膨大な量の動画がアップロードされるため、レコメンドされるすべての動画を、人手を使って吟味することはできない。

 このシステムが議論の的となっているのは、ユーザーをますますうさん臭い不快なコンテンツの満ちた場所に導くと主張する声があるからだ。また、米国の「通信品位法230条」による法的保護、すなわち、技術プラットフォームはユーザーが生成したコンテンツに対して法的責任を負わないという規定に批判的な政治家たちからも、激しい非難が浴びせられている。

 Wojcicki氏はインタビューで、「レコメンドするすべてのコンテンツについて法的責任を負わなければならないとすれば、われわれは1つひとつ内容を吟味しなくてはならない」として、「そうなればユーザーが見つけられる情報はもっと限られた小規模なものなるだろう」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]