logo

グーグルのデータ収集めぐりEUがまた調査

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年12月02日 10時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州連合(EU)の独占禁止当局がGoogleによるデータ収集の慣行について予備調査をしているという。Reutersが報じた。EUがここ数年Googleに科してきた記録的な制裁金が、望ましい結果を生んでいないとのEUの見方を示すものといえる。

EUとGoogleのロゴ
提供:Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

 あるEUの幹部はReutersに、Googleによるデータ収集の方法と理由について情報を求めていると述べた。Reutersが確認した文書によると、EUは特に、ローカル検索サービス、オンライン広告、ウェブブラウザーの問題を注視しているという。

 「(欧州)委員会は、Googleによるデータ収集および利用に関する慣行への予備調査の一環として、質問事項を送付した。予備調査は進行中だ」とEU当局はReutersに伝えている。

 Googleはデータ収集への懸念について、EUと引き続き協議するという。

 「当社はサービスの利便性を向上させることと、関連性の高い広告を表示することにデータを役立てている。そして利用者には、データの管理、削除、転送を管理する権限を提供している」と、Googleの広報担当者はコメントした。

 米国でも、Googleを含むIT大手に対し、政府と規制当局による調査が厳しさを増している。米司法省は7月、独禁法違反の調査範囲を拡大すると発表し、Google、Apple、Facebook、Amazonなどがこの調査の対象になると報じられた。米下院も6月、「反競争的な行為」をめぐりIT大手に対する調査を開始すると発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]