MacBook Pro 16インチレビュー--刷新し値下げしたベースモデル、キーボードは別物に - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーボードは別物に

 MacBook Proへの要求として「打ちやすいノートパソコン最高のキーボード」がある。これはこのモデルが、エンジニアやエディター、ライターにとって仕事の道具としての熱い支持があることが背景にあった。

 確かに筆者も文章を執筆する仕事が主だが、その一方でキーボードマニアでもあり、2016年モデルのMacBook Pro 13インチと、日本で長年親しまれているHHKB Professional Type-Sを主軸としながら、Apple Magic Keyboard、ゲーミングキーボードとしてレスポンスにこだわったレーザースイッチ採用のRazer HUNTSMAN、クラウドファンディングで大成功を収めたワイヤレスメカニカルキーボードKeychron K2、そしてiPad Pro向けSmart Keyboardといった6種類を気分に応じて使い分けている。そのため、それぞれのキーボードの特徴やメリットはよく知っているつもりだ。

 そうした中で今回のMacBook Pro 16インチがキーボードのメカニズムを変更した点は興味深い。ご存じの通り、2015年に登場したMacBook以降採用されたバタフライキーボードは、キーストロークを0.55mmとし、ユニット全体の薄型化を進めることで、本体をより薄くすることができた。その弊害としてホコリなどのゴミの侵入に弱く、信頼性に問題があるとの批判が上がった。

 ただし、必ずしもバタフライキーボードが打ちにくかったわけではなかった。むしろキーストロークを短くタッチを軽くしたことは、ゲーミングPCなどで好まれるレスポンス性を高めた「トレンド」をおさえたキーボードだった、と評価できる。個人的には、力をかけずになぞるようなコツをつかめれば、疲れにくく正確なタイピングが可能だった。

 しかしAppleは信頼性を高めることを重視した。メカニズムを2015年までMacBook Proで採用されてきたシザー構造に戻し、ストロークを0.55mmから1mmに伸ばした。その一方でキートップについてはバタフライキーボードと同等の広さと安定性を確保した。さらに、独自のラバードームをキーの下に配置することで、圧力を上手く逃がしつつ押し下げられたキーを押し戻す力を与える。

 今回のキーボードは、キーの安定性からどの部分に触れてもきちんとタッチが認識され、しかしラバーの跳ね返りを生かして弾むようにタイピングのリズムを作ることができる。このコツがつかめれば、快適なキーボードと慣れ、タイピングを楽しむ事ができるだろう。

 また逆T字に配置された矢印キー、そして独立したESCキーは、エンジニアからの強い要望に応えた形だ。

キャプション

スピーカーとマイク

 今回のMacBook Pro 16インチの第一印象は、ディスプレイだ。思った以上に大きくなっていたこと、ベゼルが小さくなり寄り没入感が高まり、迫ってくるような映像を楽しめるようになった印象が強かった。そしてキーボードも個人的には打鍵感がしっかりしており好みだった。ただ、これらの進化のポイント以上に驚いたのがスピーカーだった。

 Appleは片チャンネルごとにツイーター1つ、ウーハー2つ、左右合計6つのドライバーを備えるサウンドシステムをMacBook Pro 16インチに盛りこんだ。これによって、外付けスピーカーを立てているのではないか、と思えるほど中低音がしっかりとした厚みを持ち、しかし本体やテーブルが低音によってビビることもない。ウーハーを背中合わせに配置することで、振動を打ち消す特許技術が用いられているという。

キャプション

 加えて、iPhone 11にも用いられてきた空間オーディオのノウハウを使い、MacBook Pro 16インチに向かっている人のためのサラウンド空間を作り出す。macOSがサポートするDolby ATMOSの音場空間を、外部スピーカーなしで再現するためのオーディオを搭載することができたという。

 残念ながら、Macも含めて、これまでコンピュータ内蔵スピーカーに期待したことはなかった。確かにオーディオメーカーとのコラボレーションを通じてより良い音質をうたっていた製品はあったが、あまり良い結果にたどり着けずにいた。MacBook Pro 16インチのメッシュの部分を手で覆うと、今までのノートパソコンの音質を再現できるので、一度試してみて頂きたい。

 また音楽の再生だけでなく、録音にもこだわりを見せる。3つのマイクを組み合わせたスピーカーアレイを本体左側のメッシュ部分に搭載しており、ノイズを除去した録音が可能だという。

 MacBook Proはオールマイティなワークステーションであるという前提に立てば、ヘッドフォンなどがなくてもある程度の音質で映像や音楽のプレビューができるべきだし、メモや仮歌などを本体だけで収録できても良いはずだ。もちろんいい音を再生・録音するためには本体がしょっちゅう排熱のためにファンを唸らせては役に立たないのだ。

13インチからの乗り換えを真剣に考える

 筆者はPowerBook G4の頃から15インチのノートパソコンを愛用してきたが、2016年のモデルチェンジで13インチにサイズダウンし、その代わりにiPad Pro 12.9インチを使うようになった。

 デスクでは両方をスタンドアロンとして活用する事が多く、だんだんMacを持ち出さなくなり、最近では1週間の出張もiPad Proのみで片付けるようになっていった。エディタアプリUlysses、Adobe Lightroom・Photoshop・Premiere Rushなど、作業に関わるアプリがiPadとMacの双方で利用できるようになったことの裏返しでもある。

 macOS Catalinaでは、Sidecarが搭載され、MacのセカンドディスプレイとしてiPadの画面を利用でき、Apple Pencilでの入力にも対応するようになった。Macを持ち出さなくなったことからモバイル性よりパフォーマンスを重視するようになったこともあり、2019年モデルで13インチから16インチへサイズアップしても良いのではないか、と考えている。

 余裕あるパフォーマンス、良好なキーボードとオーディオ、これまでのMacBook Proで体験してきた4年以上の耐用年数から考えると、買い換えて間違いはない1台と言えるだろう。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]