logo

東京駅構内にシェアオフィス「STATION DESK」開設--ワークスタイルで選べる6シート

佐藤和也 (編集部)2019年11月21日 15時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京駅の丸の内地下南改札外すぐにある「STATION DESK 東京丸の内」。

 東京駅の丸の内地下南改札外すぐにある「STATION DESK 東京丸の内」。

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は11月21日、東京駅構内にシェアオフィス「STATION DESK 東京丸の内」をオープンした。ワークスタイルに応じて座席を選べるのが特徴で、働き方改革や生産性向上をサポートする。

 JR東日本では、8月から駅ナカシェアオフィス事業「STATION WORK」を開始。電話ボックスタイプの「STATION BOOTH」を、東京駅や新宿駅などに設置している。今回開設したのは、「STATION DESK」の1号店となるもの。場所は東京駅丸の内地下南改札外すぐとなっている。

 STATION BOOTHではクイック利用に最適なものとなっていたが、STATION DESKではリラックスしながらの作業、あるいは作業に没頭したり考え事をしたいなどの、ワークスタイルにあわせて、ソロワークに集中できることが特徴。6タイプのシートが用意されており、どれもパーテーションで区切られている。JR東日本側では、STATION WORKを「働く人の1秒を大切に」というコンセプトで展開しており、STATION DESKでもコワーキングスペースのようなオープンなスペースではなく、プライバシーに配慮したソロワークの支援を基本とした構成にしているという。

 シートは全16席。Wi-Fiが利用でき、各シートには電源も完備。またサポートエリアにはフリードリンクやフォンブースも用意されている。室内ではアロマも活用しているという。

 営業時間は7時30分から21時。利用は完全予約制で、STATION WORKの個人会員ならびに法人会員が利用可能。会員登録のない一般利用はできないという。専用ウェブサイトから座席と時間を予約。QRコードによる認証で入室することができる。料金は定価が15分につき250円(税別)となっているが、当面の間はキャンペーン料金として15分につき150円(税別)で提供するという。

 JR東日本側では、STATION BOOTHならびにSTATION DESKを順次展開を拡大し、2020年度までには30拠点を目標にしているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]