logo

通訳機「POCKETALK(ポケトーク) S」にドラえもんEditionも--カメラ搭載、小型軽量

坂本純子 (編集部)2019年11月07日 14時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソースネクストは11月7日、12月6日よりAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) S」を発売すると発表した。互いに相手の言葉を話せない人同士がコミュニケーションできる双方向の音声翻訳機だ。同日より予約受付を開始している。

ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏とドラえもん
ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏とドラえもん

 新機能としてカメラで撮影した文字を翻訳できる機能や会話レッスン機能を搭載。本体は名刺サイズとコンパクトに、画面サイズは従来比約1.3倍となる2.8インチの大画面になり見やすくなった。74言語に対応し、55言語では音声とテキストに、19言語ではテキストに翻訳できる。

従来モデルとの比較
従来モデルとの比較

 ラインアップと価格は、グローバル通信2年付きが2万9800円(税別)。本体カラーはホワイト/ブラック/ゴールド/レッドの4色で提供するほか、公式サイトでは限定カラーのメタルグレーとメタルグリーンも選べる。グローバル通信なしは2万4800円(税別)で、本体カラーはホワイトのみ。

通常版のラインアップ
通常版のラインアップ

 また、今回「ドラえもんEdition 特別セット」を3万4800円(税別)および、S専用ケース「ドラえもん」「ドラミちゃん」の2種をウェブサイト上で先行予約販売する。なお、「ドラえもんEdition 特別セット」は、本体(2年のグローバル通信付き)と四次元ポケットをイメージしたポーチなどを含む特別セットとなっている。

対応バンドも拡大
対応バンドも拡大

 今回のラインアップの登場に伴い、前モデルとなるPOCKETALK(ポケトーク) Wを価格改定し、1万9800円で販売する。

ドラえもんEdition特別セット
ドラえもんEdition特別セット

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]