logo

グーグルの公共交通案内アプリ「Pigeon」、NYに加え米5都市を対象に

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年11月06日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはすでに、カーナビアプリ「Waze」や社名を冠した「Googleマップ」など、移動に関するアプリをいくつか提供している。しかし、これらのアプリは車や徒歩での経路案内を優先していることから、Googleの実験部門Area 120に所属するエンジニアは、公共交通機関に絞った新たなアプリ「Pigeon」の開発に取り組んできた。

Pigeon
提供:Google

 Pigeonは、「Wazeの公共交通版」とでも呼ぶべき機能を備える。2018年に最初にリリースされた時点では、ニューヨークの複雑な地下鉄網を通勤者に案内することを目指し、クラウドソーシングを利用して遅延、運休、サービス変更に対処する支援を提供した。プロジェクトを率いるLaura Rokita氏は米国時間11月5日、Pigeonの対象エリア拡大を公式ブログで発表した、同アプリは、ニューヨークに加え、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントンDCの5都市で新たに利用可能になった。

 Pigeonは現在、米国で「iOS」版が提供されており(「Android」版はウェイティングリストに挙がっている)、既存の機能の多くが新しい都市でも利用できる。

 GoogleがいずれPigeonを既存のGoogleマップやWazeに組み込むのかどうかは、まだ明らかにされていない。いずれにせよ、公共交通の利便性向上に役立つものなら、いつでも歓迎だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]